読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

乞食のばかぢから

旅が好き。冒険が好き。そしてドケチです。

横浜〜鹿児島ヒッチハイク!【準備編】

2016年11月20日〜24日にかけて、友人と2人でヒッチハイク旅を敢行しました。出発地は神奈川県は中心部、大都会横浜。そして行き先は鹿児島、指宿温泉♨︎

僕ら2人にとって初めてのヒッチハイク。服装に持ち物やヒッチハイクする場所まで、分からない事だらけで…。出発した時は正直不安で一杯でしたね(^^;;

そして結論から言うと、無事に指宿温泉までヒッチハイクでたどり着くことが出来ました!!

旅の振り返りも兼ねて、今回は事前に準備した物や服装などをお伝えしたいと思います。

ヒッチハイクしてみたいなあ」と思っている方のご参考になれば嬉しいですし、「ヒッチハイク?何それ美味しいの?」的な考えをお持ちの方も、暇潰しにでも読んで下さいな(´ω`)

リュック

バックパッカー御用達感満載のバックパックを、友人に借りて用意しました。

ブランド等はよく分かりませんが、多分…これです!笑 

[ドイター] deuter バックパック フューチュラバリオ 50+10

[ドイター] deuter バックパック フューチュラバリオ 50+10

 

 出会った方に頂き物をすることもあったので、気持ち大きめのリュックを準備出来て良かったです。

服(着替えも含む)

声を掛けて貰いやすいように、旅人感や最低限の小綺麗さを意識しました。着替えを含めても3日分あれば何とかなります。

  • ジーンズ1本…汚くなければ何でもOK。僕は履きなれたGAPのジーンズ1本で挑みました。
  • Tシャツ3枚…ヘインズの下着。2日連続で着たりもしました。
  • 上着1枚…エアウォークのウィンドブレーカー
  • ヒートテック1枚…西に行くなら必要なし。一回も使いませんでした。
  • スウェット1本…一応寝る時に履き替えたり。
  • 靴下3足…持ち合わせのもので十分
  • パンツ3枚…正直替えるタイミング失って、2枚しか使わなかったです。笑
  • パーカー1枚…気持ち厚手のもの。チャックで開け閉め出来るタイプ。
  • スニーカー1足…ブラジリアンカラーの派手な発色のスニーカーを選びました。
  • ネックウォーマー1つ…朝方は結構寒くてお世話になりました。

スマホ・周辺機器

  • スマホ…デジカメ要らず。地図アプリも便利でした。
  • 充電器
  • バイルバッテリー…いつどこで充電出来るか分からかったので、持って行ってて良かったです。
  • タコ足コンセント…数少ない充電チャンスをフル活用すべく用意しました。大活躍です。

現金や免許証

予算は3万あれば余裕で楽しめます。免許証関連はもしものための身分証明として用意しました。

  • 現金(3万)…現金はこれだけ。それでもおつりが返ってくるレベル。
  • 保険証
  • 運転免許証

エチケット・防雨対策

エチケットは結構大事。乗せてくれた方に対する最低限のマナーとして、歯磨きと髭剃りだけは毎日やりました。

  • レインコート1枚…雨に降られなかったので用無し。
  • 折り畳み傘…上に同じく。
  • 歯磨きセット…アメニティの揃ったホテルなんかに泊まることはないので。笑
  • 電動髭剃り…友人と使い回しました。
  • タオル2枚…(たまに)風呂に入れたのであって良かったです。時には枕がわりにも。

 ヒッチハイク必需品

これだけは必ず用意しましょう。あるとないとではヒッチハイク旅の充実度が大分変わってきます。

  • スケッチブック…これが無いとヒッチハイクは始まりません。A3サイズがオススメ。 
マルマン スケッチブック 図案シリーズ A3画用紙 S115

マルマン スケッチブック 図案シリーズ A3画用紙 S115

 
  •  マーカー1セット…プロッキー8色セットが何故か自宅にあったので持参。マッキーはインクが臭いので、出来ればプロッキーの方がいいと思います。僕らはこれで、「スケッチブックに行き先+落書きを書く」というスタイルを確立しました。
  • サインペン2本…赤と黒の2色を用意。これのおかげでストリートミュージシャンにサインして貰えた。
  • ミニカード(名刺がわり)…100均で購入。手書きだからこそ、伝わるものもある(と信じている)のです。

…以上です。こうやってみると、結構要らないものもありましたね(^^;;

個人的に今回一番役に立ったのは、手作り名刺でした。自己紹介の時にすっと出すと何となくスマートですし、連絡先やSNSアカウントを書いたおかげでそれなりに素性も知って貰えて一石二鳥です。

是非皆さんもヒッチハイクをすることがあれば、専用の名刺を用意して行きましょう!